自分のお店を持ちたい!そんな夢をかなえるためにすべきこと

自分のお店をもつために準備すること


自分のお店を持つためには最低限必要な申請書をださなければいけません。正式には開業届けと言いますが、こちらはお店を開業する際に、事業を開始してから1ヶ月までの間に所轄の税務署に申請を出す必要があります。
この申請を出すことにより、利益を税金として収める必要があるので、開業届を出すことは必須となります。また、飲食店を経営する場合は、食品衛生管理者の資格を持っていなくてはいけません。こちらの資格は各都道府県で、1日の勉強会と試験があるので、こちらに合格をすれば食品衛生管理者の資格を取得することができます。また、店に30人以上収容する場合は、防災管理者の資格が必要です。こちらは消防署などが講演会を実施しているので、参加する必要があります。

お店を持つために準備することと心構え


自分のお店を持つために準備するものは、まずは資金が必要です。
お店を開くために商品を準備しなくてはいけないので、お金がかかります。最初から利益ができるわけでもないので、ある程度、何ヶ月間赤字になっても余裕がでるような資金を用意しなくてはいけません。また、他にも店舗をどこに構えるのかも大事です。場所によって店舗の賃貸契約の値段も変わってきます。そして、売り上げの計画や仕入先選びなど、お店を持つための準備はとても大変です。準備がしっかりできていれば、事業を開始したときにある程度、楽になりますが、逆に準備を怠ってしまうと売り上げが上がらなかったり、バタバタとしてしまうので、余裕のある行動計画を立てることが大事ですね。